まとめ シヤチハタ Xスタンパービジネス用キャップレス A型 御中 X2-A-005V3 今季ブランド 1個〔沖縄離島発送不可〕 藍色 訳あり商品 タテ

(まとめ)シヤチハタ Xスタンパービジネス用キャップレス A型 (御中) タテ 藍色 X2-A-005V3 1個〔沖縄離島発送不可〕

1872円 (まとめ)シヤチハタ Xスタンパービジネス用キャップレス A型 (御中) タテ 藍色 X2-A-005V3 1個〔沖縄離島発送不可〕 日用品・ヘルスケア 日用品雑貨・文房具・手芸 印鑑・ハンコ 1872円 (まとめ)シヤチハタ Xスタンパービジネス用キャップレス A型 (御中) タテ 藍色 X2-A-005V3 1個〔沖縄離島発送不可〕 日用品・ヘルスケア 日用品雑貨・文房具・手芸 印鑑・ハンコ タテ,日用品・ヘルスケア , 日用品雑貨・文房具・手芸 , 印鑑・ハンコ,/deathtrap1267478.html,1872円,X2-A-005V3,1個〔沖縄離島発送不可〕,A型,藍色,recycledteakindonesia.com,(まとめ)シヤチハタ,(御中),Xスタンパービジネス用キャップレス まとめ シヤチハタ Xスタンパービジネス用キャップレス A型 御中 X2-A-005V3 1個〔沖縄離島発送不可〕 藍色 訳あり商品 タテ まとめ シヤチハタ Xスタンパービジネス用キャップレス A型 御中 X2-A-005V3 1個〔沖縄離島発送不可〕 藍色 訳あり商品 タテ タテ,日用品・ヘルスケア , 日用品雑貨・文房具・手芸 , 印鑑・ハンコ,/deathtrap1267478.html,1872円,X2-A-005V3,1個〔沖縄離島発送不可〕,A型,藍色,recycledteakindonesia.com,(まとめ)シヤチハタ,(御中),Xスタンパービジネス用キャップレス

1872円

(まとめ)シヤチハタ Xスタンパービジネス用キャップレス A型 (御中) タテ 藍色 X2-A-005V3 1個〔沖縄離島発送不可〕

様々なビジネスシーンをもっと便利に、スマートに。
●こちらの商品はメーカー・取引先からの直送品となります。お客様都合によるご注文後の「キャンセル」また「返品・交換」も承ることが出来ませんのでご注意ください。

■サイズ・色違い・関連商品

■A型 タテ (速達) 赤
■A型 タテ (書留) 赤
■A型 ヨコ (書留) 赤
■A型 タテ (親展) 赤
■A型 タテ (小包) 赤
■A型 タテ (至急) 赤
■A型 タテ (回覧) 赤
■A型 タテ (見本) 赤
■A型 ヨコ (見本) 赤
■A型 タテ (御中) 藍色[当ページ]
■A型 タテ (御中) 黒
■A型 ヨコ (御中) 藍色
■A型 ヨコ (御中) 黒
■A型 ヨコ (緘) 藍色


■商品内容

【ご注意事項】
この商品は下記内容×5セットでお届けします。

●Xスタンパー ビジネスキャップレスA型の印面「御中」タテ型の藍色です。
●キャップを取り外す手間がないので片手で素早く捺印できるキャップレスです。
●使わないときはしっかりロックできるので安心して持ち運びできます。
●印面の位置合わせがしやすいなつ印ガイド付きです。
●耐水性・耐光性に優れた油性顔料系インキを採用。使い終わりまでハッキリと濃い印影が続きます。本体窓からインキ残量が見えるので交換時期が一目で分かります。
●本体側面の二次元コードを読み取ると詳しい取り扱い方法をWEBで確認できます。


■商品スペック

スタンプ種類:ビジネス用A型
印面内容:御中
インク色:藍色
インク種類:油性顔料
印面サイズ:13×27mm
寸法:W42.4×D27.4×H68.5mm
材質:再生ABS、再生PC、POM
重量:約35g
その他仕様:●配列:タテ
備考:※従来のXスタンパーインキ(XLR-11N、XLR-20N、XLR-30、XLR-60N)はご使用いただけません。

【キャンセル・返品について】
商品注文後のキャンセル、返品はお断りさせて頂いております。予めご了承下さい。



■送料・配送についての注意事項

●本商品の出荷目安は【5 - 11営業日 ※土日・祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は仕入元より配送となるため、沖縄・離島への配送はできません。

[ X2-A-005V3 ]




(まとめ)シヤチハタ Xスタンパービジネス用キャップレス A型 (御中) タテ 藍色 X2-A-005V3 1個〔沖縄離島発送不可〕

イベント
EVENTS
ニュース
NEWS
1月16日
◆文部科学省特別プログラムに「黒潮圏」のグローカル成長戦略に寄与する「環人共生」リーダー育成プログラムが採択されました広報戦略室
1月13日
◆大学院理工学専攻1年の坪内優陽さんと野川桜寿さんが、第38回イオンクロマトグラフィー討論会において、学生ベストオーラルプレゼンテーション賞を受賞しました。広報戦略室
1月13日
◆台湾教育部USR推進センター及び台湾5大学(国立暨南(きなん)国際大学、国立高雄科技大学、国立中山大学、国立台湾海洋大学、東海大学)が本学を来訪しました広報戦略室
1月13日
◆医学部泌尿器科学講座の福原秀雄助教が、日本レーザー医学会誌の令和4年度査読功労賞を受賞しました広報戦略室
1月13日
◆共通教育科目「スポーツ科学実技(ローンボウルズ)」を担当する人文社会科学系人文社会科学部門の川本真浩教授が、2022年度男子シングルス日本選手権で3位に入賞広報戦略室
1月10日
◆日本税理士会連合会より寄附講座助成金目録を贈呈されました広報戦略室
1月10日
◆医学部生理学講座(循環制御学)の戸高寛助教が、第74回日本生理学会中国四国地方会において奨励賞を受賞しました広報戦略室
1月5日
◆佐野有司海洋コア総合研究センター長ら国際共同研究グループの研究成果が、「Communications Earth & Environment」に掲載されました広報戦略室
1月4日
◆第6回高知大学フォトコンテスト入賞作品の発表について広報戦略室
12月27日
◆愛媛大学連合農学研究科(高知大学所属)の泉水彩花さんが、日本水産増殖学会第20回大会において最優秀学生ポスター発表賞を受賞しました広報戦略室

高知大学ピックアップ情報

PICK UP

学生一人ひとりに合ったキャンパスライフをサポート!学生総合支援センター
新しい学び、初めての経験に遭遇する大学生活は、時に、山あり谷あり。そんな困難や悩みを抱えた学生たちに寄り添い、支えているのが「学生総合支援センター」です。現在の取り組みやこれからについて紹介しましょう。
記事内容
  • 将来を見据えたキャリアマネジメント力を養う キャリア形成支援ユニット
  • 多様な学生のための学びの場を整備 インクルージョン支援推進室
  • 大学でまなぶための基本スキルをサポート 修学支援ユニット
海藻の未来を切り拓く!
日本で海藻が採れなくなっている?養殖で増やすことは可能?海藻研究における日本屈指の専門家、教育研究部門総合科学系の平岡雅規教授が解き明かします。
記事内容
  • アオノリの陸上養殖に日本で初めて成功!
  • 産学連携の共同研究でこれまでにない海藻養殖へ
  • バイオマスとしても海藻は利用できる!
日本の大学で学べるのは高知大学だけ⁉ローンボウルズの謎と魅力に迫る
スポーツ科学実技「ローンボウルズ」
ローンボウルズという競技、知っていますか?知る人ぞ知る、というよりも、知っている人がほとんどいない、超マイナーなスポーツ。高知大学ではこのローンボウルズの授業を、日本の大学で唯一、開講しています。どのような授業なのか、担当教員の川本真浩教授に話を聞きました。
記事内容
  • シェークスピア作品にも登場する人気スポーツ
  • 体力に自信がなくても上達できるのが魅力
  • 体育の授業なのに歴史や社会も学べる!
高知大学広報顕彰制度 優秀広報貢献賞受賞者紹介
高知大学広報顕彰制度とは、積極的な情報発信や創意工夫を凝らした取組を通じて、高知大学の広報活動をけん引する優れた活動を行った教職員等を学長が表彰し、広報マインドの醸成を図り、高知大学における広報活動の活性化と一層の発展に資することを目的としています。
記事内容
  • 技術職員が支える農林海洋科学部の広報活動 ― 今安 清光 室長
  •                   
  • 地域の人と手を取り合い絆を深める情報誌を発行 ― 玉里 恵美子 教授
  •                   
  • 基礎科学の面白さを国内外に向けて情報発信 ― 田島 裕之 特任助教
  •                   
  • 高難度外科手術に先端研究学会主催と大活躍 ― 花﨑 和弘 教授
世界初の日本酒分析方法を開発!
高知大学発の斬新な成分分析方法が、酒造りの常識を変えるかもしれません。考え出したのは、理工学部化学生命理工学科の小﨑講師。司牡丹酒造との共同研究で、令和3年度高知県産学官連携産業創出支援事業に採択されました。
記事内容
  • 日本酒の開発には数年を要するのが常識
  • 1つの分析方法で、主要な成分データがわかる!
  • わずか半年の開発期間で新しい日本酒が完成!
農林海洋科学部 DS/DXセミナー
農林海洋科学部では独自の研究を発信しようと、学内外に向けて「DS/DXセミナー」を開催しています。ヒグマの奇妙な食性や、フリーズドライ技術による牛の体外受精、3Dバイオプリンタなどテーマはじつに個性的!何を目指しているのか、プロデューサー的な立場の松川和嗣准教授に聞きました。
記事内容
  • 農林海洋科学部が推進する「DS/DX」を伝えたい
  • 「対面+オンライン」で、学内外に幅広く発信
  • 月に1~2回開催し、来年度も継続したい